ナンパのやり方・方法・コツ PR

豪商クラトロ&まえちゃん対談セミナー【感想・体験談】

豪商クラトロ&まえちゃん対談セミナー評判・感想・体験談
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本日は、
東京の千駄木駅付近、サンクチュアリ出版のイベントホールで行われた

豪商クラトロ@clubtropixxx1

まえちゃん@Maechan0502

対談トークイベントに参加してきたので、概要や学んだことをシェアしたいと思います。
(了解を頂いております^^)

お二人が対象的な価値観をぶつけ合うことで、豪商寄りの方もまえちゃん寄りの方も共に学べる素晴らしいセミナーでした。

詳細は以下の通りです。

→【豪商クラトロのセミナー情報】
→【豪商×まえちゃんコラボ記事はこちら】

【豪商クラトロ語る】ナンパは弱者の戦略!?

ナンパをしている人は弱者なのか?強者なのか?という問いについて。

豪商先生的にはナンパは弱者の戦略である!とのこと。

私も完全に同意で、その理由は強者というのは勝手に女性がどんどん集まってくるような人のこと。

芸能人やスポーツ選手など誰もが知っていて活躍している人だと思うので、

普通に会社勤めをしているような我々は常に弱者の戦略を取らざるを得ないと思います。

強者ならナンパせずとも女性から寄って来る?

例えばあなたが芸能人やユーチューバーのように”社会的価値”が高ければ、今のルックスでも女性がよって来るかもしれない。

しかし現実では何もせずに待っているだけで可愛い女の子が寄って来るという”マンガみたいな状況”は起こり得ない。

こういった場合に自ら出会いを増やす為に女性との出会いを求めて複数の女性にアプローチすることを”ナンパ”と言う。

ナンパを通して、女性との出会いを求めることは至って健全であり、寧ろマンガやドラマの影響を受けてなにもしない男性の方が
不健全と言えるかもしれない。

ナンパをする弱者が取るべき戦略は?

ナンパをしようと思う弱者が取るべき戦略は2つあります。

1つはルックス(外見)の改善。
2つ目は社会的価値の向上です。

街で女性をナンパしようとしても、ルックスが足切りラインを下回っていれば声掛けをした瞬間に無視されて終わりです。

外見の閾値をクリアして、初めて内面を見てもらえる。

まずは外見を閾値以上に持っていかないと話にならない。

それまでは、恋愛工学のテクニックもPUAメソッドも何の役にも立たない。

簡単なところでは髪型を変える、服装を変えるというところ。

長期的な課題として、筋トレやスキンケアによるアンチエイジングが必須と言える。

もう1つは、社内やコミュニティ内の王となることで、自分の社会的価値が向上するのでクラブなどでナンパしてもシカトされるようなレベルの女性でも、簡単に落とせる場合がある。

職場のエースや、学生なら部活のエース等がこの方法を使うことが出来る。

部活のエースと言っても、囲碁将棋部などだと使えない場合が多いかも知れない。

女性は女友だちに私の彼氏は○○のエースなの。

などと言いたいので、そういった状況に合う社会的価値を得ることが望ましい。
(中学生なら不良になるなど。)

女性は常に評判の良いオスを求めている

女性は(男性も)社会的価値や経済力や外見などの優劣をとても気にしている。

例えば、30代の男性が女子大生とロマンスしたい。という場合、

価値が最高潮にある女子大生と30過ぎのサラリーマンでは、

基本的に価値が釣り合わない。
(男性の価値が低い)

なので、よっぽど特殊な条件が無い限り男性は相手にされない。

ナンパや恋愛を就職活動とした場合

女子大生を財閥系商社などのエリート企業とした場合、

男性はまず学歴として、早稲田や慶応レベルを求められる。

そこら辺の3流大学では相手にされないことは容易に想像出来る。

ここに食らいつくには、TOEICが900点とか中国語が堪能とかなにか目立つ一芸がないと相手にしてもらえない。

恋愛のほうで言うと、自分は3流大学出身だが芸能人である。
ユーチューバーである。
インスタのフォロワーが○万人いる。などです。

こういった社会的な付加価値があれば、女子大生とマッチングする可能性も上がります。

ここでも我々が取る戦略は2つ。

●自分の能力をわきまえて中小企業をターゲットにしてその中で光る存在を探す。

●女子大生を狙うため社会的価値の向上を頑張る。

このどちらかの戦略が求められます。

ナンパのルーティーンやテクニックは?

今回のセミナーでは、ルーティーンやスクリプトの紹介は特にありませんでした。

それは、あくまでも基礎が出来てからの話であって本当に大切なのは基本なのだと豪商先生は伝えたかったのだと思う。

私個人的にも、”ペンギンがどう”だとか、”じゃがりこがどう”だとかはあまり本質的でないように思う。

それは基本が出来ている人の+αであり、より楽しくナンパする為のものではないかと思う。

今回のセミナーでは小手先のテクニックでは無く、

・ナンパとは何か?
・ナンパの本質は?
・ナンパの現実

という部分を伝えようとしているのかな?と感じました。そして非常に伝わりました。

ナンパ歴10年以上のクラトロさんが見た現実とは?

先ほどの例で言うと良いナンパとは良い面接である。

あくまでも決定権は会社(女性)側にあり、男性は提案することしか出来ない。
また、ナンパに対して悪いイメージ(最近逮捕された人のような)がありますが、

お酒を強要するなどの卑劣な行為は断じて許さない!と仰っていました。

私自身もそのようなナンパはしたことが無く、接した女性をいかに楽しく幸せに出来るかが男の甲斐性だと思いますので非常に感銘を受けました。

また、私は即の経験が1度しかなく(たぶん先方のタイプ落ち)準即しかできないので少し気にしていましたが、

豪商も準即メインとのことで安心しました^^

豪商クラトロセミナーの感想・体験談まとめ

ナンパとは一般の人が思っている”恋愛”のサイクルを高速で回すだけの行為である。

女性に対して一途であり、その姿勢を10年貫いていることはもはや”硬派”と言える。

学生や職場のコミュニティで活躍出来そうな人は、そこから出会いを生み出せる可能性がある。

そうでない人は、外でナンパをする以外出会いを増やす方法がない。

そういった場合には見た目の改善が非常に重要。

30代になったら、あらゆるパラメータが下落するのでそれを補う為に筋トレを始めた。

これから歳をとると、年相応の振る舞いも学ばないといけない。

笑いを織り交ぜて、非常に楽しいセミナーでした。

ビールを2缶ごちそうになりましたw

私は夜行性なので、日が暮れるまでブログを書いていたのですが久しぶりに東京に来たので、少しナンパしてから帰ります。